いろいろある「歯の痛み」。

 

 

歯には「痛覚」しかありません。

痛みの種類は大まかに分けるとキーンと痛いか(凍みる感じ)、

ぼんやり痛いか(どんより重い感じ)の2種類です。

ただ痛みの出方で病態がまるで違います。今回はそのお話。

 

 

①冷たいものが凍みる

基本的に冷たいものに反応するのは神経がある歯です。

虫歯や歯が欠けたりで神経と外の世界との距離が近くなると

温度を感じやすくなって凍みるようになります。

この際に神経が刺激にすごく過敏な状態になってしまうと知覚過敏を発症します。

 

②甘いものが凍みる

甘いものに反応するのも神経がある歯です。

これもやはり虫歯や亀裂などで神経の入っている

歯髄という組織の近くまで糖分が凍みこむと起こります。

 

③何もしなくても激痛

「歯の神経」と呼んでいるのは「歯髄」という歯の中にある

神経や血管などがいっぱい詰まった組織です。

この歯髄が細菌感染などで強烈な炎症を起こすといわゆる「腫れた」状態になります。

歯の中の狭い空間で歯髄が腫れると圧がかかって神経が常に「感じている」状態となります。

先ほども言いましたが歯の神経には痛覚しかありませんので「常に痛い」状態となります。

こうなるともう神経を抜かなければいけません。

 

神経のない歯でも痛くなることがあります。

神経を取った後は根に詰め物をして封鎖します。

しかし何らかの原因で根の先に感染が及ぶと根の先に膿の袋ができたり、

炎症によって根の先の骨が溶けて感染した肉に置き換わったりします。

この膿の袋が骨の中で大きくなると中で膿がパンパンになり、

内圧が高くなってその歯の根元に激痛が起きます。

これは、歯科の病態の中で一番痛いんじゃないかって言われてる状態です。

再度の根の治療で中をきれいに洗浄することが必要です。

 

神経を抜いていない歯でもたまに植物の「立ち枯れ」のように

いつの間にか神経が死んでしまう場合があります。

そういう歯でもこの根元の膿による激痛は起こります。

歯科医院で年に一度はお口全体のレントゲンを撮ってチェックしましょう。

 

④噛むと痛い

先ほども出てきた歯の根元の病巣が原因であることがほとんどですが、

「咬合性外傷」といって何らかの原因で噛み合わせが狂い

特定の歯に強い負担がかかると、その歯が痛くなったりぐらぐらしたりしてきます。

また歯周病が進んで歯を支える骨が溶けてしまったりすると、

歯と歯茎の隙間から感染が起きて腫れて噛むと痛い、という病態が起きやすくなります。

 

⑤あったかいものが凍みる

冷たいものと同じく神経が過敏になっている場合(重度の場合)に染みてきます。

また、神経に何らかの感染が起きている場合、神経の中や根の先が腫れた状態に

なっていますので温められるとドクドクした痛みが起きたりします。

 

以上が一般的な歯の痛みのざっくりした分類です。

実際のところは原因は一つではなく、複数の原因が相まって歯が痛くなることがほとんどです。

 

半年に一度は定期健診でチェックをしていきましょう!

 

 

続きを読む 0 コメント

歯ブラシのお手入れと交換時期

 

 

 

 

 

歯ブラシの交換時期、みなさんどのぐらいで交換してますか?

一般的に普通の歯ブラシはだいたい月に一度交換するのが目安と言われています。

しかし電動歯ブラシの先端などはやはり費用もかかりますし、現実的にはなかなか難しいところがあると思います。

そもそも歯ブラシの交換はなぜするか?

理由は主にふたつ、機能面衛生面です。

 

まず機能面

歯ブラシは使っていると段々毛先がヘタって開いてきます。

歯ブラシは毛先がパラパラすることにより歯面の汚れを落としますので毛先が開くと汚れが落としにくくなります。

お掃除のときの箒をイメージするとわかりやすいと思います。

毛先の曲がった箒はとても掃きにくいですよね?

それと同じで、磨いていても磨けていない、労力がもったいない状態になってしまいます。

なので毛先がちょっとでも開いたら即交換してください。

それと同時に一ヶ月経たずに歯ブラシが開いてしまうようだとブラッシング圧が強すぎます。

歯医者さんで歯磨きの指導を受けましょう。

当院では期検診の時などに歯ブラシチェックも行い、適切なブラッシングの強さの指導なども行っています。

 

さてもう一つ、衛生面

お口の中の汚れのほとんどが食べカスと細菌です。

歯ブラシはそれを綺麗にするためのものです。

当然使用後の歯ブラシは細菌まみれでとても汚い状態になります。

しっかりお水で流しても、どうしても多少は毛先や毛の根元に溜まってしまいます。

お口の中を綺麗にするものが細菌まみれでは本末転倒ですよね?

ではどうすれば清潔を保てるか、まず使用後の歯ブラシは流水でよく洗ってください。その後ペーパータオルなどでよく水分を拭き取り、よく乾燥させましょう。

 

これらのことを踏まえ、最低でも2〜3ヶ月に一度は歯ブラシの交換を行ってください。理想は自宅用歯ブラシの交換は1ヶ月に一度、外出用や職場に置いてある歯ブラシの交換して3ヶ月に一度。

電動歯ブラシの先端の交換は2カ月に一度ぐらいが良いと思います。

 

 

お子様の学校用歯ブラシは理想は月に一度、最低でも新学期のたびに交換してあげてください。

また、ご家庭で夜の歯磨きのたびに歯ブラシをよく水で洗う癖をつけさせてあげてください。

 

正しく歯ブラシを使って清潔なお口の中を保ちましょう!!

 

 

<追記>

 

希望が丘歯科ではいろいろな種類の歯ブラシを販売してます!

歯科に置いてある歯ブラシは歯科医院用の、一般では売っていない歯ブラシです。

毛先の細さや形、ヘッドの大きさや薄さ・・・・・メーカーや種類によって様々です。

「自分にはどの歯ブラシがいいのかわからない!」

なんて患者さんも少なくはありません。

来院の際に、お気軽にお尋ねください!!

定期検診や歯のクリーニングの際に、ドクターまたは衛生士さんに聞くのをオススメします♡

 

当院では定期検診で来院された方に歯ブラシを差し上げています^^

 

続きを読む 0 コメント

子供のうちから虫歯予防!

 

小さなお子様の虫歯予防に大事なのは実は時間を決めたおやつの習慣。

口の中に食べ物が入るとpHが一気に酸性になるので、乳歯のように酸に弱い柔らかい歯は虫歯になりやすくなります。

食べてすぐ歯磨きすればpHは元に戻ります。

お菓子をダラダラ食べると、長時間お口の中が酸性になっているということで、酸性の環境+虫歯菌のエサである糖分というダブルパンチでものすごく虫歯が出来やすくなります。

おやつは時間を決めて、食べたらすぐ歯磨きの習慣をつけましょう!

 

でも外出の時など、すぐに歯磨きができない場合もあると思います。

そんな時はお水や麦茶など糖分の入っていない飲み物を飲ませましょう。

また、キシリトールのタブレットなんかもとても有効。

最近ではキシリトール甘味100%のチョコレートやグミなんかも出てますね。

当院でも取り扱いがあります。

 

ただし!キシリトールは食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので注意。

 

 

<追記>

 

なんだかマニアックな誕生日botと化している(笑)当院のツイッターアカウント(@kiboudental)で

たまに呟くためになる話をこちらのブログでまとめて掲載していきます。

アカウント共々どうぞ宜しくお願いします!!

 

続きを読む 0 コメント