いろいろある「歯の痛み」。

 

 

歯には「痛覚」しかありません。

痛みの種類は大まかに分けるとキーンと痛いか(凍みる感じ)、

ぼんやり痛いか(どんより重い感じ)の2種類です。

ただ痛みの出方で病態がまるで違います。今回はそのお話。

 

 

①冷たいものが凍みる

基本的に冷たいものに反応するのは神経がある歯です。

虫歯や歯が欠けたりで神経と外の世界との距離が近くなると

温度を感じやすくなって凍みるようになります。

この際に神経が刺激にすごく過敏な状態になってしまうと知覚過敏を発症します。

 

②甘いものが凍みる

甘いものに反応するのも神経がある歯です。

これもやはり虫歯や亀裂などで神経の入っている

歯髄という組織の近くまで糖分が凍みこむと起こります。

 

③何もしなくても激痛

「歯の神経」と呼んでいるのは「歯髄」という歯の中にある

神経や血管などがいっぱい詰まった組織です。

この歯髄が細菌感染などで強烈な炎症を起こすといわゆる「腫れた」状態になります。

歯の中の狭い空間で歯髄が腫れると圧がかかって神経が常に「感じている」状態となります。

先ほども言いましたが歯の神経には痛覚しかありませんので「常に痛い」状態となります。

こうなるともう神経を抜かなければいけません。

 

神経のない歯でも痛くなることがあります。

神経を取った後は根に詰め物をして封鎖します。

しかし何らかの原因で根の先に感染が及ぶと根の先に膿の袋ができたり、

炎症によって根の先の骨が溶けて感染した肉に置き換わったりします。

この膿の袋が骨の中で大きくなると中で膿がパンパンになり、

内圧が高くなってその歯の根元に激痛が起きます。

これは、歯科の病態の中で一番痛いんじゃないかって言われてる状態です。

再度の根の治療で中をきれいに洗浄することが必要です。

 

神経を抜いていない歯でもたまに植物の「立ち枯れ」のように

いつの間にか神経が死んでしまう場合があります。

そういう歯でもこの根元の膿による激痛は起こります。

歯科医院で年に一度はお口全体のレントゲンを撮ってチェックしましょう。

 

④噛むと痛い

先ほども出てきた歯の根元の病巣が原因であることがほとんどですが、

「咬合性外傷」といって何らかの原因で噛み合わせが狂い

特定の歯に強い負担がかかると、その歯が痛くなったりぐらぐらしたりしてきます。

また歯周病が進んで歯を支える骨が溶けてしまったりすると、

歯と歯茎の隙間から感染が起きて腫れて噛むと痛い、という病態が起きやすくなります。

 

⑤あったかいものが凍みる

冷たいものと同じく神経が過敏になっている場合(重度の場合)に染みてきます。

また、神経に何らかの感染が起きている場合、神経の中や根の先が腫れた状態に

なっていますので温められるとドクドクした痛みが起きたりします。

 

以上が一般的な歯の痛みのざっくりした分類です。

実際のところは原因は一つではなく、複数の原因が相まって歯が痛くなることがほとんどです。

 

半年に一度は定期健診でチェックをしていきましょう!